お金の知識

コツコツ勝って、ドカンと負ける初心者が必ず陥るパターンの回避方法とは?

改造、アップ、ビジネス、男、電球、資本金、クラウドファンディング

最近FXを始めて、毎日コツコツ勝ってたのに、今日のトレードで大きく負けちゃって、
今までの利益がパーになったどころかマイナスになっちゃったわ(泣)

FXを始めたばかりの初心者の人は、ほぼ全員がこのような苦い体験をすることになるのではないでしょうか?

実際、FXのトレードで少額の利益をコツコツ積み重ねていても、1回の負けで大きな損失を出してしまい、
トータルでマイナスの収支になってしまうトレーダーは初心者に関わらず、数多く存在します。

コツコツ勝っていたのにドカンと負けてしまうと、大切な資金が失われてしまうばかりか、
それまでトレードに費やした時間も無駄になってしまいますし、
トレードに対するモチベーションも失われてしまうため、良いことが何もありません。

今回はそんな精神衛生的に良くない、
コツコツドカンのうまい回避方法を解説していきます!

コツコツ勝ってドカンと負ける原因

積み木, 子ども, 崩れる

回避方法を案内する前に、まずは多くのトレーダーが陥りがちな、
コツコツ勝って、ドカンと負けてしまう原因を説明していこうと思います!

原因を知らないと対策の立てようがないものね。

トレードに過度のプレッシャーを感じているため

FXでコツコツ勝っていたのに、ドカンと負けてしまう原因の1つに、
トレードに対して過度のプレッシャーを感じてしまっていることがあげられます。

FXでお金を稼ごうという意識が強すぎるがゆえに、
1つ1つのトレードに過度のプレッシャーを感じてしまうトレーダーは多いです。

もちろん、大切な投資資金を扱う以上、ある程度の緊張感を持つことは必要ですが、
緊張感がプレッシャーに変わってしまうと、損切りなどのトレードルールを守れなくなってしまったり、

稼がないと!

という焦りから不必要なトレードを繰り返して、結果、大負けしてしまう流れになります。

毎日、常に利益を出し続けるのはトレード上級者でも不可能なので、
利益を出せない日もあることを受け入れて、損失は最小限に抑えていきましょう。

1日の取引をやめるタイミングを決めていないため

FXでコツコツ勝っていたのに、ドカンと負けてしまう原因として、
1日の取引をやめるタイミングを決めていないことがあげられます。

1日の取引をやめるタイミングを決めていないと、その1日でどの程度まで利益を得たらやめるのかや、
どの程度の損失が出たらやめるのかの明確な指標がないため、
たとえば、十分に利益が出ている状態にも関わらず、ダラダラとさらにトレードを行い、
それで大きな損失を出してしまったり、逆に、損失が出ている状態でトレードを続行し、
さらに損失を膨らませてしまうといった悪循環を招いてしまいます。

1日トータルの許容損失額をあらかじめ決めておき、その損失額に達したら、
即、その日のトレードはやめるようにすればドカンと負けることを未然に防ぐことができます。

より早くお金を稼ごうと焦っているため

FXでコツコツ勝っていたのに、ドカンと負けてしまう原因として、
より早くトレードで大きく儲けようと考えてしまうことがあげられます。

FXで短期間で儲けようとすると、取引をやりすぎてしまい、
ギャンブル感覚でトレードを行うことになりがちです。

ギャンブル感覚のトレードでは最初のうちはまぐれで少し勝てていても、
いつか必ず、大きくドカンと負けることになるでしょう。

短期間で稼ぐ考え方ではなく、
時間をかけてゆっくりと利益をあげる考え方にシフトしましょう。

自分のトレードスキルに自信を持っていないため

FXでコツコツ勝っていたのに、ドカンと負けてしまう原因として 、
自分のトレードスキルに確固たる自信を持ちきれていないことがあげられます。

トレードスキルに自信がないと損切りをするのが難しくなります。
損切りできない=ドカンと負ける可能性が高まることを意味します。
自信がないトレーダーほど損をするのを極端に怖がる傾向があり、
わずかな損失ですら受け入れるのに心理的ハードルが高くなるからです。

自分のトレードスキルに自信のあるトレーダーなら、少額の損失を出したとしても、
あとからいくらでも取り返せることを知っているため、わずかな損失を受け入れる余裕を持つことができます。

コツコツ勝ってドカンと負けるパターンの回避方法

像, 人間, 運動, レース, 実行, 逃げてください, スプリント, マラソン

コツコツ勝ってドカンと負ける原因は分かったから、次は回避方法ね!

はい!
それでは、お待ちかねのコツコツ勝ってドカンと負けるパターンの回避方法を案内します!

逆指値注文を活用する

逆指値注文とは、価格が上昇したら買い、下降したら売るという注文方法のことです。

この逆指値注文を活用すれば、
既にポジションを持っているときにマーケットが予想に反した方向に大きな変化を見せたときでも、
最低限の利益を確保できたり、損失を許容範囲内に抑えることが可能になります。

損切りラインを固定する

損切りラインを途中で動かして損切りを回避する行動をすると、損切りラインを動かすことに慣れてしまい、
いずれ大きく負けて、大損失が発生するリスクがあります。

損切りラインは動かさず、必ず固定するようにしましょう!
損切りラインを固定すればドカンと負けることを防ぐことができます!

毎回同じ通貨量でトレードする

損をした直後などは損失を取り返そうとして、トレードの際の通貨量を増やしたくなる衝動に駆られますが、
一時の感情に身を任せて安易に通貨量を増やしてしまうと、ドカンと負ける可能性が高くなります。

毎回同じ通貨量でコンスタントにトレードをすれば、
1つのトレードで大きく負けるリスクを抑えることができます。

通貨量を変えるにしても、たとえば、1週間単位などある程度の期間を決めて、
利益が出ているときは通貨量を少し増やし、
損失が出ているときは通貨量を減らすというような具合で微調整するのが良いでしょう。

意図的に取引しない日を設ける

精神状態が不安定なときや、疲れているときなどは無理にトレードを行わず、
しっかりと休んで心身のリフレッシュに努めることが、
コツコツ勝ってドカンと負けるパターンを回避する有効な対策になります。

体調が悪いときに無理してトレードをすると、
損切りなどの取引ルールを守るのが心理的に難しくなってしまうので、ドカンと負ける危険性が高くなります。

FXで長期的に安定して利益をあげるためには、
トレードを一切しない休息日を設けるようにしましょう。

ナンピン・トレードを多用しない

ナンピン・トレードとはポジションを保有していて、予想していた方向とは反対方向に相場が動いたときに、
ポジションを追加で増やすことで、損失を平均化して利益を得やすくするトレード手法です。

しかし、ナンピン・トレードには大きなリスクがあります。
予想と反対方向に相場が動いたので、ナンピン・トレードで通貨量を増やした場合に、

相場の値が戻らず、さらに大きく予想と反対方向に値が動いてしまうと、通貨量を増やした分、
損失が大きくなり、ドカンと負けてしまうリスクが高まります。

ナンピン・トレードは多用せずに、相場をよく分析した上で、
使用する場合は回数を決めて行うようにしましょう。

FX口座の残高を多くし過ぎない

FX口座の残高が多いことは投資にたくさんお金を使えるため、良いことに思われがちですが、
裏を返せば、損失が発生したときに、より多くの口座資金を失うリスクがあるということになります。

トレードに必要な通貨量と損失許容額に応じて、
FX口座の残高は必要最小限の入金にとどめておくことを意識しましょう。
FXにはレバレッジがあるので必要最小限の資金でも満足のいくトレードをすることができます。
口座の資金が必要最小限であれば、損失が出ても、最小限に抑えやすくなります。

間違っても、余剰資金のすべてをFX口座に入金しないようにしましょう。

危ない…
貯金全額をFX口座に入金するところだったわ…

コミュニティに入り、トレード結果を共有する

自分のトレード結果を第三者と共有することは、第三者の視線を意識するため、
トレードルールを守ることに役立ち、無謀なトレードの抑止につながるため、
ドカンと大きく負けることの予防に貢献するでしょう。

現在では、インターネットで探せば、誰でもFXトレーダーのコミュニティに所属できます。

コミュニティに入ることに抵抗があれば、日々のトレード結果をSNSで共有するなどでもよいでしょう。

トレードする通貨を絞る

FXには、

  • 米ドル
  • ユーロ
  • 英ポンド
  • 豪ドル
  • NZドル

など世界各国のさまざまな通貨の種類が存在します。

これらのさまざまな通貨ペアでトレードしたくなる気持ちもわかりますが、多くの通貨ペアで取引することで、
市場に精通することが難しくなり、集中力の分散を招き、ドカンと負けることに繋がる可能性があります。

1つや2つの通貨ペアに絞った方が、市場をより深く理解することができるので、
大きく負けることを減らすことができるでしょう。

健康管理や時間管理を意識する

FXでドカンと負けることを防ぐためには健康管理時間管理の意識が非常に重要になります。

健康管理の面では、さきほども述べたように、心身が疲労しているときはトレードを休み、
リフレッシュに努めることが大切です。
適度な運動もストレス軽減に有効でしょう。

時間管理の面では、トレードを行う時間をあらかじめ決めておき、
終了予定時間になったら損失が出ていたとしても潔くトレードを切り上げることが大切になります。

1日2時間までなどと時間を決めてトレードを行うことで、トレードのやり過ぎを防ぎ、
ドカンと負けるリスクを減らすことができます!

時間を守ることはFXでも大切なのね!

まとめ

書籍, 本ストア, ライブラリ, 読書, 市場, 2 番目の手, 人, 男

いかがだったでしょうか?
この記事では初心者が陥りがちな、
コツコツ勝ってドカンと負ける原因とその対策法について解説してきました。
ドカンと負けることを極力減らすことがFXで長期的に安定して利益をあげるためには必要不可欠です。
ぜひ、あなたもこの記事を参考にして、利益を積み上げていってください。