FX・株

株とFX、始めるならどっち?

証券取引所, お支払い, 経済, 金融, トレーディング フロア, 金融の世界, 世界経済, 投機, 利益

投資を始めようと思うんだけど株とFXどちらを始めればいいのかしら?

これから副業で投資を始めようという人は多いと思いますが、
あなたは投資と聞いて、真っ先に何の方法を思い浮かべるでしょうか?

  • 株式投資
  • FX

数ある投資の中でも、この2つを思い浮かべる人は多いのでないでしょうか?

実際、株式投資とFXは代表的な投資方法であり、
投資家の中でもこの2つの投資をしている人の割合はかなり高いです。

しかし、株式投資とFXではトレード方法が異なるため、身につけるべきトレードスキルもまた違ってきます。

今回は、投資初心者が株式投資とFXのどちらから始めたらいいのかを
それぞれの特徴とあわせながら解説していきます!

結論!株とFXならFXから始めたほうがいい!

お金, 時間とお金, 金融教育, 金融, グラフ, 収入, 予算, 時計, ファイナンス, 投資

結論からいうと、株式投資とFXならFXから始めることをオススメします!

書籍やインターネットでは株式投資やFXに関する情報で溢れかえっていて、
投資初心者のみなさんはどれが自分にとって正しい情報なのか混乱しているかと思います。

これでは株式投資とFXのどちらがいいのか迷うのも無理はありません。

では、以下にFXを株式投資よりオススメする理由を述べていきます。

トレードで長期的に安定して利益をあげるには、高度なトレードスキルを必要とします。

そして高度なトレードスキルを身につけるためには、
まとまった長い時間をトレードや知識の勉強に使う必要があります。

高度なトレードスキルは決して一朝一夕には身につきません。

FXの場合、株式投資よりも少ない資金から投資をスタートすることができます。

株式投資の場合、単元株制度というものが導入されており、100株で1単元としているところが通例です。

この場合、株価1000円の銘柄に投資する場合、
最低でも、1000円×100株で10万円の初期費用がかかってきます。

株はけっこう初期投資がかかるのね

一方、FXは、最低初期費用は取引するFX会社によっても若干異なってきますが、
数千円からトレードを始めることができます

FXではレバレッジ取引で手元の資金の25倍までのお金を動かせることが可能なので、
株式投資よりも圧倒的に少ない投資金額でスタートすることができるのです。

より少ない投資金額でトレードできるということは、
その分、より多くのトレード経験を積むことができるということになります。

トレードスキルを身につけて、相場を正しく分析する力を養い、
自分の確固たるトレードルールを確立させるためには、実戦のトレード経験を積むのが1番の近道になります。

FXのトレードでチャートを分析する力、相場を分析する力、資金管理やリスク管理能力、
メンタルコントロールのスキルを身につければ、これらは株式投資の際にも応用して役立てることができます。

同じ投資費用で考えたときに、FXのほうが株より投資資金が少なくて済む分、
たくさんトレード経験を積めるから、FXのほうがオススメってわけね!

FXのほうが株より初心者向き!

本、アジア、子供、少年たち、教育、所得、インドネシア語、文学

FXのトレードのほうが株式投資よりも初心者向きといえます!
あらためて以下にその理由を解説していきます!

FXは株式投資よりも少ない資金でトレードが可能です。

FXの場合、FX会社にもよりますが、最低1000通貨からトレードをスタートすることができます。

たとえば、最低取引通貨が1000通貨のFX会社で米ドルを取引しようとした場合、

1000通貨=1000ドルの取引に必要な日本円の金額を考えてみましょう。

ここでは話をわかりやすくするためにドルと円のレートを100円と仮定します。

そうすると必要資金は

100円×1000通貨=10万円

ここでFXにはレバレッジ取引で手元の資金の25倍までのお金を動かせるという
最強のテコの原理がありますので、

10万円÷25=約4000円

つまり、レートによって変動もありますが 、
最低取引通貨が1000通貨のFX会社でドルを取引しようと場合、
たった約4000円の投資資金でトレードを行うことができます。

これだけ少ない資金でトレードができるので、
1回のトレードごとのリスクを株式投資よりも低く抑えることができるのです。

株式投資は、1回のトレードでFXよりも大きな金額を動かす必要があるため、
その分、どうしても1回のトレードの資金的リスクは高くなってしまいます。

トレード初心者は最初のトレードでは損失を出すことが多いので、
少ない口座資金でスタートできるFXで投資を始めたほうが、
仮に負けたとしても株式投資よりも損失額を少なく抑えられることが可能です。

そして、FXでトレードに慣れてきたら、株式投資も始めてみるぐらいのスタンスがちょうどよいでしょう。

短期トレードなら株よりFX!

グラフ、実業家、更、統計、金、お、、経済、金、獲得

FXは株式投資に比べて、短期トレードをしやすいというメリットがあります。

FXが株式投資より短期トレードに優れている理由は主に3つあります。

  1. 取引可能時間が長い
  2. レバレッジが高い
  3. 1回のトレードにかかるコストが低い

まず、FXの取引可能時間が長いという点についてですが、
FXの市場は平日であれば24時間開きっぱなしのため、
朝から晩まで1日の間に納得行くまで何回でも短期トレードを繰り返すことができます。

一方、株式市場は、日本の取引所の場合、平日の9時から15時の間という、
ごく限られた短い時間の間にトレードをしなければいけません。

取引可能時間の長さの観点からみて、
FXの方が株式投資よりも短期トレードに適していることは一目瞭然でしょう。

また、FXのレバレッジが高いことに関してですが、
FXはトレードに最大25倍という高いレバレッジをかけることができます。

そのため、値動きがそこまで大きくなくても、わずかな値の変動で利益をあげることが可能となっています。

これは、短期トレードと非常に相性がよく、トレード時間が短い場合、
通常、そこまで値動きが大きくないケースが多いのですが、
そのようなときでもレバレッジ取引によって利益を最大化することができるのです。

最後に、1回のトレードにかかるコストが低いことに関してですが、
これについては先程から何度も説明しているので簡単に流しますが、
トレードコストが低ければ少ない資金で何度でもトレードにトライできるので
短期トレードとの相性は抜群と考えていいでしょう。

取引できる時間が長いことはトレーダーにとってありがたいことね!

長期投資ならFXより株!

グラフ, 図, 成長, 報告書, 統計, 事業報告, ビジネス, 線グラフ, 業務チャート, 3D表

ここまで、ずっと株式投資よりFXの良い点を説明してきましたが、
株式投資にもメリットがない訳ではありません。

株式投資のメリットの1つに、FXよりも長期間の投資に強いという点があげられます。

株式投資では企業の今後の業績の伸びに期待して企業の株式に投資する形が一般的ですが、
企業の業績はFXの通貨の値に比べると比較的長期的な予測を立てやすいという側面があります。

投資する企業の企業理念であったり、事業内容、ビジネスモデルをしっかりと分析して理解できれば、
その企業がこの先、長期的に見て伸びていくかどうかはある程度容易に見極められると思います。

しかし、FXの市場は、株式投資に比べて経済ニュースや他の複数の外的要因に左右されやすいので、
1年後、3年後、5年後の相場を予想することは難しいです。

長期投資をしたい場合は株式投資で複数の銘柄に投資するのが良いでしょう。

まとめ

コイン, 紙幣, お金, 通貨, ファイナンス, 現金, ビジネス, 経済, 銀行, 富, 収益, 資本金

ここまで、これから投資を始める人が株式投資とFXのどちらから始めた方が良いかというテーマについて
様々な観点から述べてきました。

投資資金が少なくて済むという理由やトレードのやり方を覚えやすいという意味から
FXの方から始めた方が良いということで筆者は論を展開してきました。

しかし、投資資金が豊富に用意できる場合や、短期トレードより長期トレードがしたい場合は
FXより株式投資を選択するのもアリかもしれません。

いずれにせよ、今の自身の状況に合わせて、最後はあなた自身で納得のいく選択をしていってください。