FX・株

上がるか下がるかのFXで何故9割の人が負けるのか?絶対に覚えてほしい負け組トレーダーの特徴

敗者, 障害が発生, 指, 提案します, ボード, 猫は負け犬, 失敗します, バースト, 失敗, 発見します

また、FXで負けちゃった…
今月はたくさん節約しないと…

普段、FXをやっているトレーダーの中にはこのような人が非常に多いのではないでしょうか?

FXは通貨の価格が上がるか下がるかを当てる超絶シンプルな投資方法なので、
少なく見積もっても、半分ぐらいの人が勝っていると思われがちです。

しかし、現実はなんとトレーダーの約9割が長期的に利益をあげることができず、
負けているという悲惨なものです。

残りの1割が旨味を全部持っていっているということになります。

この記事ではトレーダーの大部分を占める9割の負け組トレーダーの特徴をあますことなく説明していきます。

あなたも、この記事の負け組トレーダーの特徴を知って、反面教師にして、
1割の勝ち組トレーダーの仲間入りをしていきましょう!

FXで負ける、負け組トレーダーの特徴

間違い, 流出, 手違い, 事故, エラー, 不注意です, 障害, ビジネス, 予期しません, 不注意, 驚き

では、さっそく負け組トレーダーの特徴を解説していきます。
特徴はたくさんあるのでどんどんいきます!

よろしくお願いします!

自信過剰すぎる

負け組トレーダーの特徴として、自信過剰すぎる点があげられます。

彼らは自信過剰なため、トレード戦略を立てることなく、根拠のないエントリーを繰り返します。

しかし根拠のないトレードはギャンブルトレードのため、短期的に運良く勝てても、
長期的にトータルで勝てることはまずないでしょう。

勝ち組トレーダーは、「謙虚さ」がトレードの成功の秘訣であることを理解しています。
短期的な損失も受け入れ、しっかり損切りできる器の広さを兼ね備えています。

自分のトレードルールに従えない

負け組トレーダーの特徴として、自分で決めたトレードルールに従えないという点があげられます。

トレードを成功させるには、相場の状況に関わらず、
事前に自分で決めた損切りラインや、利食いや、エントリーのタイミングなどのルールを
徹底的に守る必要があります。

しかし、負け組トレーダーは、自分で決めたトレードルールを

「たまになら破ってもいいか」

という軽い具合で平気で破ります。

その1回のルール違反がトレードでは命取りになります。

トレードルールはいついかなるときも例外なく100%守りましょう。

勝ち組トレーダーは、トレード戦略に関係なく、
高いレベルで自分のトレードルールにプライドと責任を持っています。

心身の自己管理ができない

負け組トレーダーの特徴として、心身の自己管理ができないという点があげられます。

彼らは、疲れているときや、健康状態が悪いとき、ストレスを抱えているなど、
精神状態が不安定なときでもトレードをしようとします。

しかし、そのような状態でトレードをすると、判断力の低下により、
普段であればエントリーしないタイミングでエントリーをしたりしてしまい、
損失を拡大させるだけの生産性のない結果を招いてしまうケースが多いです。

FXのトレードを成功させるには、心身ともに健康であることがとても重要です。

勝ち組トレーダーは、常に己の健康状態に気を配り、
状態が悪いときは無理してトレードをするのではなく、しっかり休息し、
回復に努めているのです。

勝てるときだけ土俵に上がるのね!

我慢ができない

負け組トレーダーの特徴として、我慢ができない点があげられます。

FXは市場が開いている平日であれば、1日24時間ずっといつでもトレードをすることができます。

しかし、利益をあげられるトレードチャンスはそう多くは訪れません。

ここで負け組トレーダーは我慢ができないので、待ちきれず、
トレードチャンスでもないタイミングでポジションを立てて、結果失敗します。

勝ち組トレーダーは利益をあげられる確率の高いトレード機会の型が訪れるまで
辛抱強く待ち、トレードチャンスが来たらそれを逃さない嗅覚の鋭さがあります!

第三者のトレードシステムに依存する

負け組トレーダーの特徴として、第三者のトレードシステムに依存するといった点があげられます。

彼らはトレードスキルがあまりない状態で、
トレード上級者のトレードシステムをそのまま取り入れようとしますが、スキルが足りていないため、
うまく使いこなすことができず、ほとんど失敗に終わります。

まずは、第三者のトレードシステムを取り入れる前に、基本的なトレードの知識やスキルを身につけて、
あなた独自のトレード戦略やシステムを構築していきましょう。

勝ち組トレーダーは確固たる自分独自のトレード理論と生活スタイルを確立しています。

感情的になり、トレードの目的を忘れている

負け組トレーダーの特徴として、感情的になり、トレードの目的を忘れているという点があげられます。

彼らは、1回のトレードで利益をあげられたら大喜びしたり、
逆に1回のトレードで損失が出たら落ち込んだりといった具合に、
まるでジェットコースターを楽しんでいるかのごとくトレードをとらえています。

トレードはあくまでも、お金を稼ぐための手段であり、トレードそれ自体は目的にはなりえません。

あくまでも最終目標はトレードという手段を使って、「お金を稼ぐ」ことなのです。

勝ち組トレーダーは、目の前のトレードの結果に惑わされることなく、お金を稼ぐために、淡々と集中して日々のトレードを積み重ねています!

チャート上に表示されるインジケーターの数が多すぎる

負け組トレーダーの特徴として、
チャート上に表示されるインジケーターの数が多すぎるという点があげられます。

FXにおけるインジケーターとは、チャート上やチャート下部に表示させるサポートツールのことであり、
チャートが示す意味をわかりやすくできる効果があり、チャート分析に非常に便利なツールです。

しかし、このインジケーターに頼りすぎて、
チャート上にたくさんの種類のインジケーターを表示させ過ぎると、チャート画面が見づらくなります。

また、インジケーターごとに得られるリアクションも違うため、トレードに混乱が生じてしまいます。

結果、インジケーターに頼らず、自分で判断したほうが良かったなんてことになりかねません。

勝ち組トレーダーはインジケーターの表示をシンプルにして、過信しない傾向があります!

トレード戦略をコロコロ変える

負け組トレーダーの特徴として、トレード戦略を頻繁に変えすぎる点があげられます。

相場の状況に合わせてトレード戦略を微調整して柔軟に変えていくことはもちろん必要ですが、
まだ、そのトレード戦略を導入して間もないのに変更してしまっては、
その戦略が利益を生み出せる優れたものであるのかそうでないのかの真価が計れません。

優れたトレード戦略であったにも関わらず、すぐに見切ってしまっては、
本来その戦略を使い続けていれば得られるはずだった利益をドブに捨てていることになります。

損失が出たからといってすぐにトレード戦略を変更するのではなく、
少なくとも数週間はパフォーマンスの分析のために様子をみましょう。

勝ち組トレーダーは「これ!」と決めたトレード戦略を我慢強く使います。

トレードの勝率を重視している

負け組トレーダーの特徴として、トレードの勝率を重視しているという点があげられます。

しかし、勝率を重視してコツコツと小さな利益を積み重ねても、
1回の負けですべてパーになるなんてよくある話です。

実際に長期的にトータルでプラスの収益を出すには、リスクリワードレシオの数値が重要になります。

リスクリワードレシオとは、
勝ちトレードの平均利益÷負けトレードの平均損失で表される損益比率のことです。

勝ちトレードの平均利益と負けトレードの平均損失の値が同じ場合、
リスクリワードレシオは「1」になります。

勝ちトレードの平均利益が負けトレードの平均損失を上回っている場合、
リスクリワードは1を超えてくるので、
長期的に利益をあげ続けるにはリスクリワードレシオを1以上にする必要があります。

つまり、トレードの勝率はさして問題ではなく、
極端な話勝率が9割を超えていてもリスクリワードレシオが1を下回っていたら
そのトレーダーはFXで損をしている負け組トレーダーということになります。

勝ち組トレーダーは勝率という表面的なことには縛られず、
リスクリワードレシオという本質的な部分に着目しています!

マーケットを変更しすぎる

負け組トレーダーの特徴として、マーケットを変更しすぎる点があげられます。

FXは通貨が異なればマーケットも異なるわけですが、各マーケットごとに特徴が異なります。

同じマーケットでトレードを重ねれば重ねるほど、そのマーケットの特徴をつかみ、
トレードスキルが向上し、利益をあげやすくなります。

勝ち組トレーダーは1つのマーケットに絞って勝負をしている場合が多いです!

浮気は許さない!

経済ニュースを見ない

負け組トレーダーの特徴として、経済ニュースから情報を仕入れないという点があげられます。

経済ニュースは内容が難しいので、見るのが面倒な気持ちはよくわかります。

しかし、経済ニュースを理解することで、相場の状況の理解やトレンドの理解を深めることができます。

勝ち組トレーダーは経済ニュースをこまめにチェックするので、
急な市場の変化にも臨機応変に対応できます!

まとめ

お金, 成長します, 金利, 保存, 投資します, 株式, 資金, 銀行, ファイナンス, 銀行券, 栽培
以上のように、負け組トレーダーにはトレードに負けるべくして負ける、
共通する特徴がいくつもあることがわかりました。

ここにあげた特徴はひとつの例で、実際には負けるトレーダーの特徴というものはもっと多く存在します。

しかし、この記事で書いてある負け組トレーダーの特徴を避けるだけでも、
あなたは数少ない勝ち組トレーダーの仲間入りに1歩近づけるかもしれません。