FX・株

FXで勝ってる人、負けてる人。専業トレーダー、兼業トレーダー、システムトレーダーとは?

株式, 取引, 監視, ビジネス, ファイナンス, Exchange, 投資, 市場, 貿易, データ

FX(外国為替証拠金取引)は、通貨の価格が上がるが下がるかを予想するシンプルなマネーゲームですが、
実際には勝っている人と負けている人が存在します。

そして、FXで勝ち続けて利益を出せている人の割合は多く見積もっても1割程度。

実際の割合はもっと少ないといわれています。

つまり、全体の9割以上、ほとんどの人は負けているという現実があります。

FXはゼロサムゲーム(利用者全員の利益と損失を合計するとプラスマイナスゼロになるゲームなので、
利益を出す人がいるということは、必ず損をする人が存在することになります。

つまり、全員が仲良くハッピーに勝者になれるという訳ではないということです。

じゃあ、どうしたら利益をあげられる数少ない勝者の方に入れるの??

記事の前半では、FXという勝者と敗者が混在する厳しい勝負の世界で、
勝っている人と、負けている人の特徴を以下にまとめてみたいと思います。

そして、記事の後半では、FXトレーダーの種類として分類される、
専業トレーダー兼業トレーダーシステムトレーダーのそれぞれの特徴や違いについて解説していきたいと思います。

FXで負けている人の特徴

絶望的です, 思考, ストレスがたまってください。, 頭痛, 押し下げられました, 悲しい, 喪, 嘆く

では、まずは大多数を占める、FXで負けている人の特徴から説明していきます。

損切りできない

損切りとは取引において損失が発生した際に、
これ以上損失が膨らまないように取引を終了して損失を確定させることをいいます。

事前にあらかじめ、損失を最小限に食い止めるために、
「この金額まで損失が発生したら、ポジションを決済する」というルールを自分で決めることが重要ですが、
自分で決めたルールを守れずに、

もう少し待てば、値動きが逆に動いて、損失が利益に変わるかもしれない!

という淡い期待を抱いてポジションを持ち続けてしまった結果、想定よりはるかに大きな損失になってしまい、

あのときしっかり損切りしておけばよかった…(泣)

と後悔する場面が多くあります。

人間の心理にはプロスペクト理論(目の前の利益を早く確定させたい、損をできるだけしたくない)
がはたらくので、意識的に感情をコントロールしないと、損切りのルールを破ってしまうのです。

利確をあせる

今度は、損切りの逆で、ポジションを決済させて利益を確定させる、
いわゆる「利食い」をあせって適切なタイミングより早くしてしまうという特徴が負ける人にはあります。

含み益が出ている状態で、もう少し長くポジションを持てば、より多くの利益を獲得できたのに、
我慢できずに目先の利益を早く確定させたいがために利確をしてしまうと、
本来もっと得られるはずだった利益より少ない額になってしまいます。

これも先程説明したプロスペクト理論が作用しているがために起こる人間の意思決定です。

感覚や感情でトレードしている

なんとなく値が上がりそうだから、買いで入ってみようかな?

損切りラインを超えているけど、もう少し粘ってみようかな?

このように根拠のない状態で、自分の感覚や感情でトレードすると、
短期間ではたまたま運よく勝てる場合もあるかもしれませんが、長期的に見るとトータルで必ず負けます。

相場の分析や、過去のデータから未来の値動きを予想するテクニカル分析
主要国の金融政策や財政政策、地政学のリスクなどの情報を集めて分析するファンダメンタル分析など、
取引を行うにあたって根拠となるものを持たずにトレードしていては、勝率は低くなって当たり前です。

ギャンブルトレードはやめて基礎知識を学ぶようにしましょう。

キャンブルやめます…

相性のよいテクニカルの型がない

値動きを分析するテクニカル分析において自分に合ったテクニカル指標を導入することが重要になりますが、
自分が得意でないテクニカル指標を使うと勝率が下がってしまいます。

テクニカル指標は大きく分けて、相場の流れを分析するトレンド系指標と、
買われ過ぎや売られ過ぎを判断するオシレーター系指標というのが存在して、
それぞれさらに指標が細分化しています。

それぞれのテクニカル指標の特徴や違いを勉強し、
自分の投資スタイルに合うものだけを取り入れるようにしましょう。

見込みのない無駄な取引をする

FXで長期に渡って利益をあげ続けるためには、
根拠を持って勝率が高いと判断した場面のみでポジションを建てるようにして、
それ以外の場面では無駄な取引をしないということが重要になります。

早く稼ぎたいという気持ちが先行してしまい、
勝てる根拠のない場面でやたらめったらポジションを建てまくれば負けが込んでいくでしょう。

長期的にトータルで勝つには、あせる気持ちを我慢して取引をしない勇気も必要です。

我慢強くなりたい…

相場のトレンドを読めていない

相場にはトレンドという名の流れというものが存在していて、
この流れを無視して取引をすると負けやすくなります。

FXには、チャートが右肩上がりになっている上昇トレンドと、
チャートが右肩下がりになっている下降トレンド
一定の値幅でチャートが上昇と下降を繰り返すレンジ相場という3つのトレンドが存在します。

現在のトレンドが上昇トレンドなのか、下降トレンドなのか、レンジ相場なのか、
しっかりとチャートを見極めて適切なタイミングで取引するようにしましょう。

また、レンジ相場は先の値動きの予想が難しいので、初心者は取引を避けたほうが無難でしょう。

レバレッジが高すぎる

レバレッジは便利なもので少ない投資資金でその何倍もの金額を動かして取引をすることができます。

レバレッジをかけると勝ったときは、かけていないときに比べてより多くの利益を獲得することができます。

このレバレッジの魔力に取り憑かれて、レバレッジを高くかけすぎると、損失が発生したときに、
より損失が大きいものになり、ロスカット(自動的に強制決済)されたり、最悪の場合、
ロスカットも間に合わず、資金がマイナスになり借金を負うリスクもあります。

高いレバレッジをかけた状態で負けると、
今まで積み上げてきた利益が一瞬で吹き飛ぶ可能性もあるので、
レバレッジは適切な範囲内でかけるようにしましょう。

次から高すぎるレバレッジには気をつけよう…

FXで勝っている人の特徴

スタートアップ, 起業家, 起業家精神, ビジネス, 成功, 幸せ, メンター, 成長, 投資, 利益

続いて、FXで長期で安定的に勝っている人の特徴を解説していきたいと思います。

基本的には、負けている人の逆の特徴を持っていることになります。

ルールに忠実で感情を排除した取引をする

取引前に自分であらかじめ決めておいた損切りのタイミングや、
利食いのタイミングを忠実に守って機械的に実行できる人は勝っていけます。

自分のそのときどきの感情に左右されずにひたすらルールを守って取引するというところがポイントです。

損切りを徹底できれば、損失を最小限に抑えることができますし、
適切なタイミングで利食いができれば、利益を最大限に引き伸ばすことができます。

百戦錬磨のプロのトレーダーでも毎回すべての取引で利益を出せる訳ではありません。

損失が損切りラインに達したら潔く損切りしましょう。

トータルで勝てればいいので損失より利益が上回っていれば問題ないのです。

感情を捨ててロボットになることが成功の秘訣ね!

トレンドを意識した、根拠を持ったエントリーをする

FXでは、さきほど説明したように、上昇トレンドと下降トレンドとレンジ相場という流れがあります。

上昇トレンドのときは買いで入り、下降トレンドのときは売りで入り、
レンジ相場のときは取引しないというように基本に忠実な、
いわゆる順張りのエントリーを重ねれば安定した収益をあげられる可能性が高くなります。

トレンドを正しく識別するために、日頃からチャートを分析できている人は強いです。

チャートが正しく分析できれば、勝てる根拠のない場面で無駄な取引をしなくなり、
損失を事前に防ぐことができます。

自動売買ツールを導入している

FXには事前に決めたルールに従ってシステムが自動的に取引をしてくれる自動売買ツールがあります。

自分で損切りなどのルールを徹底できるのであれば問題ないのですが、
人間はどうしても感情で動く生き物なので、
冷静な判断を下せないケースがどうしても出てくるかもしれません。

自動売買ツールを使えば、人間の感情を一切排除した取引ができるので、
損切りも利食いも100%思い通りにすることができます。

自動売買ツール入れてみようかしら

ここまでは、FXで負ける人と勝っている人の特徴を説明してきましたが、
ここからはトレーダーの属性の種類である、
「専業トレーダー」「兼業トレーダー」「システムトレーダー」のそれぞれの特徴について説明していきたいと思います。

専業トレーダー

アナリティクス, 図, ビジネス, 女性, ラップトップ, コンピュータ, 解析, グラフ, レポート, 金融

専業トレーダーとは文字通り、FXのトレードを専業として生活をしている人たちのことです。

専業トレーダーで生活している人の年収は1000万円ほどになるケースが多く、
中には億を超えるトレーダーもいると言われています。

専業トレーダーと聞くと
「自由な時間が多く、場所や面倒な人間関係に縛られない夢のような生活で最高だ!」
とイメージする人もいると思います。

専業トレーダーのメリット

専業トレーダーはインターネットの環境が整っていれば場所を選ばず取引できますし、
トレードは自分ひとりで完結するので会社のように合わない上司や同僚と無理して付き合うという、
面倒な人間関係もありません。

また、会社員をしていると時間に制約ができるので、
四六時中、チャート画面を眺め続けることは難しいですが、
専業トレーダーになれば、トレードをする時間を自分の好きな時間で決めることができますし、
チャート画面もいつでも好きなときにチェックすることができるので、チャンスを掴みやすくなるでしょう。

専業トレーダー良さそうね!

しかし、専業トレーダーには上記のようなメリットがある反面、
もちろん、デメリットもあります。

専業トレーダーのデメリット

専業トレーダーのデメリットは以下の通りです。

  • 収入が不安定になりやすい
  • 意外と自由な時間が少ない
  • 生活リズムが不規則になることもある

まず、収入が不安定になりやすいという点です。

会社員であれば、決まった時間に出社すれば、
パフォーマンスや能力に関係なく一定額の収入を得ることができますが、専業トレーダーはそうはいきません。

自分がトレードであげた利益がそのまま収入に直結するので、
「利益が出ない=生活できない」ことを意味します。

専業トレーダーはパーフォーマンスが悪いことは許されません。
取引に失敗し続けたら収入を得るどころか下手したら、
家計がマイナスになってしまいます。

FXのトレードだけで生活していくには、長期的に安定して勝ち続けなければならないので、
プレッシャーやストレスは想像以上のものになるでしょう。

また、意外と自由な時間も少ないという点もデメリットとしてあげられます。

日によっては1日中チャートの画面を注視しなくてはいけなかったりして、
他の趣味や娯楽などにあまり時間を割けなくなる場合もあります。

常にトレードのことばかりを考えた生活が息苦しく感じてしまうかもしれません。

生活リズムが不規則になることもあるでしょう。

専業トレーダーになるにあたっては、よほど自分の腕に自信があり、
覚悟がないと続かないでしょう。

専業トレーダーもいろいろ大変なのね…

兼業トレーダー

女性, リーダー, ビジネス, 成功, ファイナンス, 投資, 笑顔, 肖像画

FXには兼業トレーダーという働き方もあります。

兼業トレーダーとは本業で別の仕事をしており、副業でFXのトレードをしている人たちのことを指します。

サラリーマンしながらFXのトレードをしてる私のことね!

兼業トレーダーのメリット

兼業トレーダーは専業トレーダーに比べて、ストレスやプレッシャーが少ないというメリットがあります。

トレードの利益のみで生活をしなくてはいけない専業トレーダに対して、
兼業トレーダーはトレードで思ったような利益があげられなくても、
本業の稼ぎが別であるので生活に困ることはないでしょう。

そのため精神的に余裕を持ってトレードにのぞむことができるので、
結果としてうまくいきやすい場合もあります。

兼業トレーダーでも、トレードだけで年収数百万円稼ぐ人もいます。

逆に兼業トレーダーでうまくいっていたため、
トレードに専念してより大きく稼ごうと専業トレーダになった途端にうまくいかなくなるケースもあります。

FXで勝つにはメンタル面も重要になるので、
兼業トレーダーのときにあった精神的余裕が専業になることで失われることが原因の1つかもしれません。

兼業トレーダーのデメリット

兼業トレーダーのデメリットは他の仕事をしている分、
専業トレーダーよりはトレードに費やせる時間が少なくなる点にあります。

どうしても時間の制約があるので、四六時中チャート画面を監視している訳にはいきません。

その結果、取引していれば大きな利益が出ていたという場面で、そもそもチャートを見ておらず、
チャンスを逃してしまうケースがあるでしょう。

システムトレーダー

サイバースペース, データ, ワイヤ, 電子, 電気, Ethernet, インフラストラクチャ, ケーブル

最後にシステムトレーダーについて説明します。

システムトレーダーとはエントリーのタイミングや損切りや利確のポジション決済のタイミングなどの、
トレードの基本方法をすべて自動化し、
人間の裁量権や感情を一切排除したトレードをする投資家のことを指します。

システムトレーダーのメリット

システムトレードの最大の魅力は、
トレードに費やす時間を最小限に抑えることにあります。

自動売買ツールは事前に決められたルールに乗っ取り、プログラムが自動的に取引を行ってくれます。

そのため、人間がチャートの画面をずっと見続けている必要はなく、自動売買が行われている間は、
趣味や娯楽や他の勉強にあてたりといった効率的な時間の使い方をすることができます。

また、取引において、人間の感情を一切排除できるという点も魅力的です。

事前に損切りラインや利確ラインなどの取引ルールを決めていても、
100%忠実に実行できるのは人間であればなかなか難しい面があります。

どうしても欲が出てしまったり、不合理な判断をしてしまうのが人間というものです。

しかし、自動売買ツールを使うシステムトレーダーになれば、人間の裁量はなくなるので、
初心者でも継続的で安定的な利益を生みやすくすることができます。

システムトレードにはFXに膨大な時間を費やしたプロの凄腕トレーダーが開発したものもあるため、
そういったツールを選んで導入すれば、
初心者でもプロのトレーダーと同じような取引をアルゴリズムにより自動でしてくれます。

システムトレーダーは無敵だね!

システムトレーダーのデメリット

システムトレードのデメリットとしては、自動売買ツールによってはハズレがあることがあげられます。

いい加減なアルゴリズムで取引手数料だけ搾取する詐欺まがいのツールも存在するので、
そういったツールを導入しないように見極める力が必要になります。

システムトレーダーになる際はしっかりと信頼できる開発者の自動売買ツールを導入するようにしましょう。

まとめ

アナリティクス, グラフ, データ, 解析, 女性, ビジネス, ファイナンス, 投資, お金, 戻り値

以上、FXで勝ち続けている人の特徴と負ける人の特徴、
専業トレーダー、兼業トレーダー、システムトレーダーについて解説してきました。

FXであまり利益が出せていないという人は、負けている人の特徴をなくし、
勝ち続けている人の考え方や投資スタイルを真似してみましょう。

また、専業トレーダー、兼業トレーダー、システムトレーダーのそれぞれにメリットとデメリットがあるので、自分のスタイルに合ったトレードスタイルを選択し、豊かな投資生活を送っていきましょう!